BLOG

SHIRO OZAWA

SHIRO OZAWA
小澤 史郎(小澤金物店 店主)

1989年福井県生まれ。
箪笥など工芸の様式を調べるなか、金物の美しさに触れ、
和金物を中心に伝統的な金物をそろえた小澤金物店を開業。
「日本の美しい金物」をコンセプトにしつらえにかなう金物を製作販売している。

建築空間や家具など、その意匠全体に大きな影響をあたえる金物。
金物という小さな伝統がもつ美のエッセンスを求めて日々調査、研究に取り組んでいる。

座右の銘は「たかが釘、されど釘」

小澤金物店
http://ozawakanamonoten.com

RECENTRY POST

<<  2017年8月 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017/08/11

店舗ができます!

ご無沙汰しております。

小澤金物店の小澤史郎です。


当店は長らくホームページによる商品の紹介を主に行っておりましたが、
この度店舗を解説する運びとなりました。



徐々に商品数も増え、手狭になってきたなと思っておりました。
今年の春から物件を探しはじめ、出会ったのがこの建物でした。



IMG_2453.jpgのサムネール画像



越前市(旧武生市)の中心街、JR武生駅から徒歩5分ほどのところ。
旧浅井薬店です。
武生でも古い薬屋さんの一つで、軒の看板がよく目を引くレトロな建物です。


一度、中を見せていただき、私は感動しました。
中には薬店時代の古い箪笥や棚がたくさん。
時代を経た味わい深い建具や家具があり、自由に使ってくださいということでした。
望んでもない嬉しい話。
即決でした。


昭和7年に建てられたこの店舗兼住宅の建物。
欅漆塗りの大黒柱、松の太い梁、松板の廊下、階段。
この土地らしい、漆塗りの柱の数々。
この建物の建築当時の姿がほぼそのまま残されており、
なるべくこの雰囲気を大事にしたいと思いました。



それから待っていたのは掃除の日々でした。
2年間空き家になっていたぶん、埃や湿気などがたまっており、
はたきと雑巾、掃除機が大活躍。
初めての畳上げ、床下の換気。



けれど、磨けば磨くほど変わっていく家の姿があり、
苦しくもあり、嬉しくもあり、掃除そうじで必死の日々でした。



大工さんには2日、床の修理などの住むために必要な箇所の応急処置をお願いしました。




なるべく元の姿を大事にしたいというのがこの家に対する私の気持ちでした。




引き渡しから1ヶ月あまり、やっとお見せできる状態になりました!



こちらは店舗入ったところ。
薬箪笥やガラス戸の入った棚が並び、小上がりで腰をかけて商品をご覧いただけます。


DSC_7799.jpg





こちらは入って左手の元調剤室。
試験室とかいたガラス戸が入っています。
こちらの棚があり、真鍮レトロな金物などを展示できたらと思っております。


DSC_7794.jpg





調剤室の内部からの写真です。
天井は漆喰でできた和製アール・デコ。
左官職人の技術です。
照明も当時からのもの。



DSC_7772.jpg




店の間奥の6畳間。
新しい畳を入れ、シーリングライトを交換しました。
事務所スペースになります。
(写真の踏み台には墨書があり、大工がこの建物の完成記念として施主に贈ったことがうかがえます。)




DSC_7780.jpg





こんな感じの店舗で、今秋から営業をしたいと思っております。
これから商品を並べていく作業です。





店舗営業が始まりましたら、改めてブログで書ご紹介させていただきたいと思います。




2017/03/18

春 椿の季節 椿園株式会社

こんにちは!


だんだん春らしい日が増えてきました。
私が住んでいる福井でもやっと春の空気が感じられるようになってきました。


田んぼの畦にはフキノトウも出ています。
フキノトウを見るとつい手に取ってしまうのですが、
折り取ったその軸の香りを嗅ぐと食べてなくても春をいっぱいにいただいた幸せな気分になります笑


フキノトウは山菜でも一番にはやい段階のもので、
これからわさびやこごみ、せり、ぜんまいなど山菜シーズンに突入します。
福井での楽しみの一つです。



山菜などの食べる春の魅力もありますが、私は好きな花の季節です。
特に、この3月は椿が見頃を迎える季節なんです!
街やお花屋さんで椿の見事に咲いたものを見るとうっとりしますよね。



お花屋さんよりたくさんの花を見たいと思っていた私が、
かねてから行きたいと思っていた、愛知県稲沢市椿園株式会社。
ナゴヤドーム2個分の広さの敷地に400種以上の椿を栽培されている日本を代表する椿の栽培販売の会社です。



その椿園株式会社さんで「2017椿見会」が開かれているということで行ってきました!




IMG_2135.jpg


「2017椿見会」は広大な敷地の一部分を初公開して行われました!


名鉄尾西線「森上駅」を下車、住宅街を抜けると一面の椿畑が!
びっくりです。
「うっ、美しい・・・!」


IMG_2098.jpg



こんな具合でたくさんの椿が!



IMG_2139.jpg





IMG_2131.jpg


白い椿きれいです!
名前が「史郎」なので「白い」椿が好きです。


IMG_2109.jpg


赤ももちろんあります。
立派です!



この度公開された農園の奥には「椿の森」が整備されており、
銘花椿の原生林といった様相です。



IMG_2078.jpg





IMG_2103.jpg



即売コーナーも充実していました。


多くの銘花椿を作出してこられた椿園株式会社様がはじめて行われた椿見会のイベント。
お店の方も大変親切で、椿の栽培法も詳しく教えいただきました。
私は白い椿の苗を買い求め庭に植えることにしました。
(庭に椿の古木を持ちたいとう夢があります。)


ブログをお読みになられている方々にも育てやすい鉢物も種類豊富にありますので、
ベランダにお花やみどり求めていらっしゃる方にはたいへんおすすめです。



そんな椿園株式会社様の「2017椿見会」は残り3月20日・21日!
終了間近でのご案内になってしまい、申し訳ございません!


期間終了後も、椿園様へお電話などでお問い合わせいただけたら、
椿のご紹介をしていただけますので、今回都合がつかないけれども
ご興味がおありの方はぜひホームペジをご覧いただけたらと思います。


詳しくは椿園株式会社様のホームページで!





2017_tubakimi_omote_01.jpg

2016/12/16

factory zoomer / gallery 佃 眞吾 展

ご無沙汰しております。




北陸は冬に突入。
朝、目がさめると外は雪が積もっていました。



そんな今日、金沢の factory zoomer  gallery にて
京都の木工作家佃眞吾さんの展示がはじまりましたので、初日伺ってきました。



factory zoomer は金沢在住のガラス作家、辻和美さんのショップです。
そのギャラリーが今春、香林坊から兼六園に向かう道中、21世紀美術館のすぐ近くにオープンしました。



DSC_6136.JPG



しいのき迎賓館(旧石川県庁舎)の向かい、大通りに面した大変風光明媚なところ。
ついつい中に入りたくなってしまう、そんなギャラリーです。



佃さんとは何度もお会いしているし、作品も大好きなんですが、
なかなかまとまった数を見る機会はなく、今回は初日に伺えるので大チャンス!




会場中




きゃー!いっぱい!!!
「佃さんといえばこれ!」という、刳りものの器や盆の数々。。。



佃さんの仕事はどれも線がすごくきれいなんです。
刳りものでこれだけきれいに線を出しているんだけれども、キマリすぎていない絶妙な感覚。
だから場面を決めすぎてしまうことがないので、汎用性も高く使いやすい。



刳りもの盆



私が選んだのは手前の漆塗りの折敷。
栗の柾の板の刳りものです。本当に嬉しい。
(家に帰り早速、この折敷でシチューをいただいたのですが、最高でした。)



螺鈿


こんな螺鈿の香合も!



このほかに、御重や筥、茶入れなどなど垂涎ものがたくさん並んでいます!



会期は2017年1月9日まで。
まだ会期ありますので、金沢に行かれる際は、是非!



詳しくは factory zoomer さんのホームページをご覧ください。




factory zoomer / gallery では辻和美さんのガラスの器の注文を受け付けています。
辻さんのガラスは冬でも大活躍!冷たいものだけでなく、私はゆずをたっぷり絞って、
はちみつを入れ、お湯で割ったものを辻さんのグラスで飲んでいます。



冬は蟹!ズワイガニのメスのせいこがには12月いっぱいまで!
冬の北陸おすすめです!

UP