BLOG

SHIRO OZAWA

SHIRO OZAWA
小澤 史郎(小澤金物店 店主)

1989年福井県生まれ。
箪笥など工芸の様式を調べるなか、金物の美しさに触れ、
和金物を中心に伝統的な金物をそろえた小澤金物店を開業。
「日本の美しい金物」をコンセプトにしつらえにかなう金物を製作販売している。

建築空間や家具など、その意匠全体に大きな影響をあたえる金物。
金物という小さな伝統がもつ美のエッセンスを求めて日々調査、研究に取り組んでいる。

座右の銘は「たかが釘、されど釘」

小澤金物店
http://ozawakanamonoten.com

RECENTRY POST

<<  2016年12月 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2016/12/16

factory zoomer / gallery 佃 眞吾 展

ご無沙汰しております。




北陸は冬に突入。
朝、目がさめると外は雪が積もっていました。



そんな今日、金沢の factory zoomer  gallery にて
京都の木工作家佃眞吾さんの展示がはじまりましたので、初日伺ってきました。



factory zoomer は金沢在住のガラス作家、辻和美さんのショップです。
そのギャラリーが今春、香林坊から兼六園に向かう道中、21世紀美術館のすぐ近くにオープンしました。



DSC_6136.JPG



しいのき迎賓館(旧石川県庁舎)の向かい、大通りに面した大変風光明媚なところ。
ついつい中に入りたくなってしまう、そんなギャラリーです。



佃さんとは何度もお会いしているし、作品も大好きなんですが、
なかなかまとまった数を見る機会はなく、今回は初日に伺えるので大チャンス!




会場中




きゃー!いっぱい!!!
「佃さんといえばこれ!」という、刳りものの器や盆の数々。。。



佃さんの仕事はどれも線がすごくきれいなんです。
刳りものでこれだけきれいに線を出しているんだけれども、キマリすぎていない絶妙な感覚。
だから場面を決めすぎてしまうことがないので、汎用性も高く使いやすい。



刳りもの盆



私が選んだのは手前の漆塗りの折敷。
栗の柾の板の刳りものです。本当に嬉しい。
(家に帰り早速、この折敷でシチューをいただいたのですが、最高でした。)



螺鈿


こんな螺鈿の香合も!



このほかに、御重や筥、茶入れなどなど垂涎ものがたくさん並んでいます!



会期は2017年1月9日まで。
まだ会期ありますので、金沢に行かれる際は、是非!



詳しくは factory zoomer さんのホームページをご覧ください。




factory zoomer / gallery では辻和美さんのガラスの器の注文を受け付けています。
辻さんのガラスは冬でも大活躍!冷たいものだけでなく、私はゆずをたっぷり絞って、
はちみつを入れ、お湯で割ったものを辻さんのグラスで飲んでいます。



冬は蟹!ズワイガニのメスのせいこがには12月いっぱいまで!
冬の北陸おすすめです!

2016/11/04

京都木工芸協同組合青年部 木工芸展2016

こんにちは。
秋の日和は本当に心地よいですね。
朝晩冷えるのはツライところですが。。。



ただいま秋の京都で京都木工芸協同組合青年部様の木工芸展が開かれています!



京都木工芸協同組合青年部.jpg



「POWDER PLANT」と名付けられたその会場は、
京都市上京区河原町今出川下ル梶井町の清和テナントハウス2階にあります。


古い木造建築のこのハウス。
ミシミシなる階段を上がるとリノベーションされた美しい空間が!


丁寧な京指物の仕事に、青年部のみなさんの近作がたくさん並べられています。
これまでの指物とは一味違う現代の生活の中でも是非使いたい!そんな家具や雑貨がずらり!


私が訪れた11月3日は
京都木工芸協同組合理事長井口彰夫さんと青年部の方々のトークイベントの日。
一般の方をはじめ、木工を学ぶ学生さんなど大勢の方々が参加され大盛況でした!


私がこの日、実際に見て触って感じたことは、
京指物はやっぱり仕事が丁寧だということ。


古都、京都ならではの感覚と美しい仕事です。



会期は11月6日(日)までです。
詳しくはこちら <京都木工芸協同組合青年部HP




今回の展示の企画をされた PLANNING OFFICE 4 さん、 
それと私の大好きな カフェ工船さんも、この清和テナントハウスに入ってらっしゃいます。
うーん。。。興味深い建物!






2016/10/12

木と金物

私が金物の製作の時、一番に思うのは、

「木と金物の調和」です。




金物はあくまで金物で、ただの部品です。
けれど、ただの部品に過ぎない金物が、取り付けられるとその対象の意匠そのものをも変えてしまう。
対象とあいまって、互いの美しさを引き立てあう。
小さいながらもずっと大きな魅力を秘めたかけがえのないものだと思っています。




箪笥写真.JPG
(武生地方の時代箪笥:大正時代)




これは大正時代に武生地方(現:福井県越前市)で作られた箪笥です。
学生時代、箪笥の様式の調査を行なっていた時に撮影したものです。




当初、木工に大きな関心を持っていたのですが、
箪笥に出会い、その全面に施される手の込んだ美しい金物に魅了され、現在に至っております。




これは、その中でも一番心に残っている箪笥です。
武生の箪笥では最も仕事の良いものの一つといってよいでしょう。
このような箪笥は、指物師、金物師、塗師のそれぞれの仕事がなすもので、
いずれも一切の抜かりのない丁寧な仕事がなされています。




なかでもこの箪笥を特に特徴づけているのは金物のデザインです。
猪の目の取り方、絵様刳型、面の取り方。一点の隙もありません。
分厚い鉄の板を打ち伸ばして形作り、磨き、綿拭きで仕上げられています。




これほどの厚みを持った重厚なものはめったにありません。
けれど、金物がどれだけ厚くても、木がそれに負けてしまっては台無しです。
そこをこの箪笥は堅牢かつ目の詰まった、大変素直な柾目のケヤキを用い、呂色の漆で仕上げてあります。
そのため互いが負けることなく誇るのです。
見事な木と金物の調和です。




箪笥の場合、誤解を恐れずに申し上げるなら、
指物によって見た目の差はほとんどつかないといえましょう。
この箪笥もそうですが、金物がその姿を決めているのです。
時代箪笥も様々な種類がありますが、用途が同じである以上
木地を組んだ姿に大きな違いはありません。
その産地を決定づけているのは、金物の意匠なのです。
(ちょっと話が外れました。)




さらに魅力となっているのは、この箪笥が経てきた時間です。
日々使い込まれ、木も漆もよく枯れて持ち味がよく引き立っています。
木や漆が枯れる一方で、金物は手沢が乗り、手がけの釻(取手)は輝きを増しています。




こういうことをみなさんに知っていただきたくて、楽しんでいただきたくて、私は金物店をやっています。




指物師や伝統のしつらえを手がけていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいますが、
その仕上げに使う金物というとなかなか良いものがないというのが現状です。
そいった求めに応じていけるようこれからも、取り組んでまいります。




また、金物を使いたいけれど、マンションのため難しいという方のために
当店の金具を取り付けた使っていただきやすい小さな家具も販売しております。
吉野杉の柾目を用いて、中は桐で製作。
使い込んでお楽しみいただけるよう、表面は鉋をかけたままでの仕上げです。
木も金物も十分に楽しんでいただけます。





小澤金物店 サイドテーブル 滴下り(銅製)
0006.jpg




小澤金物店 木と金物 商品一覧

UP