MY LIST
お気に入り
  • TOP
  • 上目黒の家

上目黒の家

  • 物件写真

  • 間取り

  • マップ

壁一面に棚とカウンターをあつらえた本箱の家

個人邸マンションリノベーションの事例です。設計から家具選定のお手伝いをさせていただきました。


個室の壁下地など使える箇所は既存利用し、水廻り設備は位置を大きく変えずに全交換。間取りは既存と同じ3LDKですが、リビングダイニングを囲むように個室配置した間取りに変更し、ほぼフルスケルトン状態にして改修工事をおこないました。

「リビング一面を本棚とワークスペースに」というご要望をもとに、本棚を広く確保できるようリビングを計画。しかし存在感が強すぎたり使い方が限定されないように、なるべくすっきりと面で見えてくるようにデザインにしました。窓に面してワークスペース、お子様の勉強スペース、オーディオ機器、テレビスペースなど、使い方・レイアウトは自由です。また、キッチンやピアノスペースをR開口にしたり、個室の壁をガラス格子にしたりと本棚の存在に対して、スパイス的に空間の中に深み(面白さ)を散りばめました。形状や素材の種類が多いので、色味を絞ることで全体の統一感を演出しています。

玄関は間口を広げてベンチと収納を設け身支度をできるスペースを。仕上げはサイザル麻の床、板張の壁を選定し、慌ただしい朝に落ちつきを与えてくれるようなクラシカルな雰囲気を目指しました。洗面室は、ドラム式洗濯乾燥機をカウンター下に配置して、すっきり且つカウンター上をアイロン掛けスペースとしても使えるように実用性を考慮。クライアントと相談しながら、場所毎にデザインと実用性のバランスを配慮しながら空間を創り上げていきました。

撮影:刀祢平喬 / Sundy inc.

VIEW MORECLOSE

INFO

物件No.

4799

用途

住居

面積

92.30㎡

間取り

3K以上

住所

東京都目黒区

築年

1997年(リノベーション完了:2021年3月)

構造

鉄筋コンクリート造、地上6階建